アップライフデザイン  練馬 リフォーム 耐震 断熱 整理収納 専門家
アップライフデザイン 練馬 リフォーム 耐震 断熱 整理収納 専門家 アップライフデザイン 練馬 リフォーム 耐震 断熱 整理収納 専門家 アップライフデザイン 練馬 リフォーム 耐震 断熱 整理収納 専門家
アップライフデザイン アップライフデザイン
  • HOME
  • よくある質問

よくある質問

耐震診断って何をしてくれるのですか?
満足いくリフォームをするポイントは?
リフォーム会社に相談したり見積もりを取ったりしたいけど、その後しつこく営業してきませんか?
住みながらでも工事できますか?
リフォームの工事は何日くらいかかるの?
古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいい?
住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
だいたいの目安として、築後何年くらいでリフォームや機器の取り替えは必要ですか?
増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?
今までのキッチンの場所を移動してリフォームできますか?
お手入れが簡単で綺麗なキッチンにしたいのですが?
在来工法とシステムバス。リフォームにはどちらがいいですか?
和式トイレを洋式トイレにしたいのですが?
トイレの便器を取り替えしたい。選ぶポイントは?
階段のキズが目立ってきたのですが?
狭い玄関を広くしたいのですが?
前回他社の施工で雪止めをつけ忘れられました。雪止めは必要ですか?
外壁が湿っていて、お風呂の水漏れが原因と言われたのですが、アドバイスがほしいです。
収納が全くないので部屋の間の壁を壊して両側から使えるクローゼットを作ろうと思ってます。気を付けることはありますか?
補助金ってどうやって申請すればいいんですか?
プロファイル



耐震診断って何をしてくれるのですか?
家族の命を守るためには、耐震性能の把握がとても大切です。その耐震性能を把握するものが、耐震診断です。
具体的には、建物外周調査、基礎部の調査、屋内の調査、小屋裏の調査、床下の調査を行います。アップライフデザインでは、診断後に調査結果をまとめた「現地調査票」を作成し、これをもとに(財)日本建築防災協会認定の耐震診断ソフトに入力して評点を算出し、「診断結果報告書」を作成します。そして、これをもとに、後日分かりやすく説明させていただきます。



満足いくリフォームをするポイントは?
現在の住まいへの不満を書き出してみることをおすすめします。漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。また、リフォーム雑誌や本・インターネットなどで情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切りとったり、プリントアウトするなどして打合せに活用してください。住宅設備機器などの取り替えの場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。



リフォーム会社に相談したり見積もりを取ったりしたいけど、その後しつこく営業してきませんか?
アップライフデザインではしつこい営業は一切いたしません。リフォームの場合は、個々の住まいの状況を実際に見て確認しないと正確な金額が出ないケースが多いですし、いい提案やプランもできません。お見積もり後に断っても構わないのですから、積極的に御相談なさってください。



住みながらでも工事できますか?
一戸建てでも集合住宅でも住みながらで大丈夫です。大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1、2階に分けて工事したりできます。ただし、水まわり等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりという不便な面はでてきますので、仮設工事をするなど考慮しておく必要はあります。



リフォームの工事は何日くらいかかるの?
工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、一概には言えません。あえて目安をあげるとすると、内装工事では一週間、ユニットバスの交換は3~4日、システムキッチンの交換は4~5日、内装工事と水まわりの設備の交換などの全面改装で約1ヵ月、間取り変更も含む全面改装なら約2ヶ月位です。骨組だけを残しての全面改修は新築よりもやや短い位の工期がかかります。工程が複雑で職種が多いと長くかかります。また、解体してみて問題が見つかることもあり、補修などの為に予定よりも工期がかかることもあります。



古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいい?
全面改修で新築より高額になる場合や、かなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをおすすめします。
ただし、建て替えとなると取り壊し費、2度の引越し費用や仮住まい費用、登記の費用など、余分に資金が必要です。予算に限りがある場合、急を要する場合はリフォームを。また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なっていると規制を受けて建て替えると今より小さい家屋になる時もリフォームをおすすめします。



住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
家屋の構造によってはできないリフォームがあります。以下、代表的な構造でお答えします。

*在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

*2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築には制限があります。

*プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりするには制限があります。

*鉄骨造
在来工法でいう筋交と同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりするには制限があります。

*鉄筋コンクリート住宅
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。



だいたいの目安として、築後何年くらいでリフォームや機器の取り替えは必要ですか?
内装、外部、住宅設備機器等また、使用材料によっても異なります。以下、大まかな目安をお答えします。

*キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの住宅設備機器
15年~20年ごと。給排水管、ガス管などもチェックしてあわせて取り替えられるといいでしょう。

*塗壁、ビニールクロス貼替、カーペット、フローリングの貼替
10年~15年ごと。

*外壁の塗り替え(吹付けタイル工法)
約10年ごと。現在は、高耐久性の塗料や上から重ね貼りできるサイディング等、種類も豊富です。耐久性や予算を考慮して検討されるといいでしょう。

*屋根の塗り替え(葺き替え)
10年~15年ごと。※材料により異なります。屋根の場合は、割れの補修や樋の取り替えなども必要です。また、重ね葺きできる高耐久の金属屋根材などもおすすめします。



増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?
増築する部屋の使用目的はもちろん、外観もよく考慮することが必要です。一階部分に既存の屋根の下に差しかけての増築が費用的には安くすみますが、天井が低くなったり、見かけも良くありません。逆に、一部を解体して既存の部分を広くする場合や平屋に2階を増築する場合などは費用も工期もかかります。また、建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要な場合もありますので住宅の地域の指定など事前に確認しておくと良いでしょう。



今までのキッチンの場所を移動してリフォームできますか?
キッチンの移動では、排気や排水の検討が必要です。吸い込みが悪くなったり、排水の勾配がとりにくく排水管がつまりやすくなったりする場合がありますので、注意が必要です。



お手入れが簡単で綺麗なキッチンにしたいのですが?
天板は機能性を重視するなら、ステンレスが一番です。汚れ落しも簡単で、いつも磨いてさえいれば大丈夫です。壁面の主流はキッチンパネルが人気です。見た目が美しい上に目地が無く、毎日のお手入れも簡単です。また、ホーローのキッチンもおすすめです。汚いもので困るのはゴミの収集場所。すっきりしたキッチンについ出っ張るのがゴミ箱。シンクの下や収納カウンターの下をオープンにしてキャスター付ダストボックスをセットしたりするのもいい方法です。



在来工法とシステムバス。リフォームにはどちらがいいですか?
お風呂はオリジナリティあふれたものにしたい、という人向きなのが゙在来工法バス。好きな型の浴槽が選べ、天井を高くしたり、窓やライトも自由自在です。床や壁も好みで作ることができます。既存の広さもそのまま使えます。ただし、防水工事が必要でプロの手作りなので工期が長くかかります。システムバスは、完全自由度には欠けますが、機能性、設備面ではかなりグレードアップされています。組み立て自体は1日ですむのでリフォームにはおすすめです。



和式トイレを洋式トイレにしたいのですが?
現状の床や便器を全て撤去してつくり直します。洋式便器を取り付けるにあたっては排水管の位置なども考慮する必要があります。最近では、狭い和式トイレの洋式へのリフォームに適応する便器・タンクのセットや、ある程度の排水位置に対応できるリフォーム便器があります。また、あわせて洗浄暖房便座を取付されたい時は電源(コンセント)が必要になります。



トイレの便器を取り替えしたい。選ぶポイントは?
最近では、すぐれた節水タイプが多く、20年以上前の便器だと1/3、15年以上前の便器でも約1/2の水量で済みます。そして清掃性を考慮した汚れがつきにくく落ちやすい素材のものが人気です。取り替えする際におすすめなのが洗浄暖房便座です。他にも節電・脱臭・部屋暖房機能などバリエーションが豊富です。便器と一体になったデザインのものや、タンクがなくすっきりしたデザインのタンクレス便器も人気です。サイズも種類もメーカーによりいろいろ。機能、デザイン、予算に応じて検討してください。



階段のキズが目立ってきたのですが?
方法としては、掛け替え以外にも塗装したり、カーペットを貼るなどありますが、最近は既存の階段の上から貼れる木質材がでています。ノンスリップもセットになっており安心です。工事の際に、手すりも一緒に検討されることをおすすめします。



狭い玄関を広くしたいのですが?
玄関前のスペースに余裕があれば増築するのが一番ですが、できない場合は、玄関ドアの正面に鏡をつけて奥行を感じさせたりする方法があります。また、暗い玄関はなおさら狭く感じるものですので、窓を出窓にしたり、玄関ドアを明かりとりのあるタイプや袖がガラスになったタイプにして照明を明るくするなどの方法もあります。さらに玄関ドア本体にも、大掛かりな工事をしなくても取り替えできるリフォーム専用ドアがあります。



前回他社の施工で雪止めをつけ忘れられました。雪止めは必要ですか?
近年の降雪状況を考えると雪止めはつけておくべきだと思います。
また雪止めには、軒樋の破損を防止する効果もあります。
瓦屋根の場合は後施工でもあまりリスクがありませんが、金属屋根、コロニアル屋根の場合は、雨漏りに関する注意が必要です。



外壁が湿っていて、お風呂の水漏れが原因と言われたのですが、アドバイスがほしいです。
浴室の水漏れで外壁が湿っているのであれば、どこか一部を解体してきちんと状況を確認することをおすすめします。
ユニットバスは水漏れがしないような構造になっているのですが、もちろん漏れることもあります。水漏れしていれば、躯体の腐朽やシロアリによる被害が発生している可能性もあります。
対処療法的な修理ではなく、原因を突き止め、劣化被害がないかどうかを調べることが大切です。



収納が全くないので部屋の間の壁を壊して両側から使えるクローゼットを作ろうと思ってます。気を付けることはありますか?
間仕切り壁を抜いてクローゼットを設置し両側の部屋から半分ずつ使うという方法は割とよく行われます。ただし、後から行うには注意が必要です。抜く予定の壁が耐震上必要な壁になっている可能性があります。また筋交いといわれる斜めにわたした材が内部に入っている可能性もあります。さらに配線、配管が入っている可能性もあります。少なくとも壁を抜く際は、代わりに補強が必要になることを頭に入れておいたほうがいいと思います。
またクローゼットのサイズですが、まず、収納する荷物の総量を把握することから始めましょう。その際、不要なものはできるだけ処分されることをお勧めします。収納する荷物の定位置を決め、ドアを開けた時になるべく見わたせるようにし、さらに全体の八割くらいの量で収まるようにする。このことから逆算して、収納のサイズを考えましょう。



補助金ってどうやって申請すればいいんですか?
補助金と一言にいっても様々なものがあります。また国や県、市町村によって決められた、申請数などの規制もあります。そのため、お客様に最適な補助金のご提案、申請に必要な診断や手続きまでアップライフデザインがやらせていただきます。これまでも補助金を利用したリフォームを多く行ってきた経験と実績があります。どうぞ、お任せ下さい。
  • アップライフデザイン 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 耐震 専門家 大地震 解決 安心 安全
  • アップライフデザイン 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 断熱 安心 安全
  • 練馬 リフォーム リノベーション 快適な住まい 整理収納 専門家 大地震
練馬 リフォーム